top of page

お知らせ・活動報告

News & Topics

「抗うつ薬NaSSAについて」

こんにちは。薬局です。

 

今月は、抗うつ薬NaSSAについてご紹介します。

 

NaSSAとは、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬と呼ばれ、ミルタザピン(🄬リフレックス、🄬レメロン)があります。

次世代の作用機序で、アドレナリンα2自己受容体への遮断作用とセロトニン5-HT2及び5-HT3受容体阻害作用により、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの量(濃度)を増やし、抗うつ作用をあらわします。

SSRIやSNRIはセロトニンやノルアドレナリンの吸収を抑えることで抗うつ作用を示しますが、NaSSAはセロトニンやノルアドレナリンそのものの分泌を増やす事で効果を示します。間接的に作用するSSRI・SNRI、直接的に作用するNaSSAというイメージです。

SSRIやSNRIより抗うつ効果の発現が早く、セロトニン受容体の賦活化が関連する副作用(性機能障害、胃腸症状)が少ないのですが、眠気や体重増加に留意が必要な薬剤です。長時間作用する薬剤のため、眠気が続いてしまう可能性があります。しかし、飲み始めの時期を乗り切ればこれらの副作用はおさまっていく事が多いです。

また、この副作用の眠気をうまく使えば、不眠を伴ううつ症状の方にはとても有効です。

 

bottom of page