top of page

お知らせ・活動報告

News & Topics

栄養課 減塩食/高血圧の食事療法

栄養士の豆・知・識

 テーマ:「減塩食・高血圧の食事療法」

「こんにちは。栄養課です」

皆様は1日に必要な塩分量はご存知でしょうか。約1日1.5g~3gほどです。

生活習慣病の予防に必要な塩分量は男性8g、女性7g未満となり、高血圧や心臓疾患の既往がある人は6g未満となっています。

今日は高血圧と減塩方法について説明します。

「高血圧とは」

①判定基準

・上の血圧(拡張期血圧)140mmHg以上

・下の血圧(収縮期血圧)90mmHg以上

上記のどれかが当てはまる事で高血圧と判定されます。

➁症状

高血圧自体は痛みや身体への異変はなく無症状です。しかし、長年放置することで心疾患、脳血管疾患、腎疾患、血糖コントロール不良などの様々な疾患の原因となります。

③改善

 ・食事療法(塩分制限)

・禁酒や禁煙

・肥満の改善

・運動不足の改善

・医師に相談して、服薬管理

・排便コントロール

④食事療法

 ・調味料は小さじ、大さじで軽量して使用。

(醤油:小さじ塩分0.9g 大さじ塩分2.7g )  (味噌:小さじ塩分0.7g 大さじ塩分2.7g )

調味や味付けは食べる直前にする。

・塩味以外を活用

(酸味): レモン  果汁    お酢

(辛み): 胡椒   唐辛子   ワサビ   カレー粉   にんにく   生姜

(うま味):昆布   鰹節

(オイル):オリーブオイル   ゴマ由    マヨネーズ

(例)ほうれん草のお浸しにマヨネーズとワサビでワサビ和え

・塩分を多く含む食品は控えるか減塩の物で代用。

加工食品(ハム、カマボコ、さつま揚げ) お漬物 味噌汁 麺類の汁やスープ 塩蔵品

・カリウムを多く含む新鮮な生野菜や果物を摂る。

皆様も1日の塩分量を見直して健康に過ごしましょう。

bottom of page