top of page

お知らせ・活動報告

News & Topics

日々のペプロウ看護 職員の声

女子急性期病棟 在職1年 男性看護師

私は入職1年目であり、現在は女子急性期病棟で看護業務に従事させて頂いております。まだ看護師としての経験も浅く、患者様との日々の関わりの中で戸惑う場面もあります。しかし、当院で採用されているペプロウ看護理論に基づき、患者様中心の看護、看護師の役割とは何かを常に考えながら看護を提供させて頂いております。その根底にあるものは患者様と看護師との信頼関係であり、それを構築出来るよう日々、努力していきたいと思います。

女子急性期病棟 2年 女性看護師

私は精神科病院での勤務が初めてであり、患者様とのコミュニケーションの取り方の難しさを日々感じています。当院では看護過程の展開にペプロウの看護理論を取り入れており、私もそれに習うことにより、急性期病棟での患者様の不安の減、安全の確保、早期治療による急性期症状の回復から患者様の社会復帰へのつながりに関わることが出来るようになってきたと思います。患者様との人間関係を振り返り、自分自身の看護観を見つめ直し次のケアに生かしていきたいと考えています。

bottom of page